「お客さまの声」カテゴリーアーカイブ

お客さまの声、届きました

お客さまの声、届きました。

 喜んでいただけたことが何より嬉しいです。弊社デザイナーの表紙もステキなんです(お見せできなくて残念)。
 お手元に古文書があってどう子孫に残せばいいかわからないとお悩みの方にも、ご相談いただいています。先日は祖母の日記が出てきたので読みたい、が、読めないので何とかしたいというお話もありました。できる限り何とかいたします(^^)/

「従軍の足跡」ご依頼のお客さまの声、届きました。

「従軍の足跡」ご依頼のお客さまの声、届きました。
写真は遺品の軍隊手帳です。
*******************

父芳平は兵隊になった。
「支那で食べたライチがおいしかった」と孫に話したくらいで戦争の話はしなかった。父の遺品は軍隊手帳、勲章、煙草(2包)、短刀、天皇陛下の写真など。

ある日、小川哲さんの「地図と拳」を読んでいた。(極秘に満州の地図を作るというような話)塘沽上陸前後の兵の動きが詳しく書かれていた。「塘沽」この地名には見覚えがあった。父の軍隊手帳だ。

父が兵隊だったことは知っていた。支那へ行って病気で帰ってきた。
実は父は3回命びろいしている。みな戦争がらみだ。
1.銃弾を浴びるが胸の手帳にあたり助かる
2.野戦病院に運ばれ身体をこわし内地で除隊
3.除隊後結核6年余りの療養生活マイシンで助かる
でも「戦う」ってどんなに大変なことか、小説で初めて知って気になった。戦後生まれの私は住みよい世の中を望む父の命名で「すみ代」となったそうです。

今回8年にも渡る戦場の足跡を調査していただき、兵隊としての生活を想像する資料ができ、ありがたく思っています。
もっと早く知りたかったと思いました。

 お客さまの声と、強風の中の国立公文書館

 東京電機大学さまのご紹介で家系図制作をさせていただいた方の声です。「気持ちが落ち着く」とあります。不明確だった記憶が、戸籍謄本などの記録によってはっきりさせることができて、ほっとされるのでしょうね。
 もう1枚はとある強風の日の国立公文書館。公文書館は室内の電気が明るくなったので、撮影も快適でした。外は花粉もばんばん飛んでいます。しばらくのしんぼうです。